メインイメージ画像

シフトで仕事内容を見る

転職をしようとする看護師がいたら、探し方のポイントとして勤務のシフトがとっても大切な点かと思います。夜勤があるか毎日なのかパートやバイトなのかなど目標とする収入と合わせてよく考えておくことです。病棟でなければ夜勤はないこともあるでしょうが、病棟勤務であれば必ず夜勤があります。しかも2交代の場合と3交代の場合などがあり、申し送りをはじめとした引き継ぎの回数や時間のシフトが異なるでしょう。

3交代制なら1回の勤務時間は短いとしても、シフトが複雑となり、体調を維持することが難しくなるということもあるでしょう。日勤・夜勤と休日とのシフトの内容や残業をすることがあるかなどはじめに調査して、採用されてから悔んだりしないようにしましょう。

看護士になる為の資格をとる為の学校には、看護専門学校と大学の二種類があります。高校を卒業してすぐに、看護師を目指して大学や専門学校で勉強をする人もいますが、看護師の中には、就職してから看護師になる為に努力をし、就職をしたという人も結構います。

専門学校の場合は、就職後にすぐに即戦力になるような業務ができるような計画が組まれています。病院が中途採用で募集している看護師は、学歴よりも仕事の内容である事が多いですので、大学を卒業しているかどうかはそこまで関係がない事が多いそうです。病院付属の専門学校で勉強をすれば、付属の病院での実習等も取り入れていて、転職活動に有利になるような経験ができるはずです。

更新情報